FX為替の王道で儲ける!

為替を動かす重要指標


(FX為替とは)トップ / (FX為替とは)注文方法 / (FX為替とは)重要指標 / (FX為替とは)ページ4 / 

FX口座開設ならここ。初心者にやさしいです。


労働生産性指数 :FX為替


四半期(毎月改訂)毎月5日前後(速報値:2・5・8・11月、改定値:3・6・9・12月) 1単位の労働投入量に対して得られる生産高を指数化。 生産高を労働総投入量で除して得た数値。景気拡大局面には、労働生産性が上昇する確率が高い。
労働生産性指数[FX(為替)比較]

 

中古住宅販売件数:FX為替


月次25日 該当月に所有権の移転が完了した中古住宅の販売件数。 景気トレンドに対して最も先行性が高いといわれる指標の一つ。新築住宅販売件数に対して30−60日の遅効性がある。
中古住宅販売件数[FX(為替)比較]


消費者信頼感指数:FX為替


月次25日から月末 消費者に対してアンケート調査を行い、消費者マインドを指数化。現在と6ヵ月後の景況感。 消費者の景況感を知るために重要。個人消費と連動性が高い。小売売上高や個人支出などと同じ方向を示すと、マーケットの反応が大きくなる傾向にある。他の指標との総合的判断が必要。
消費者信頼感指数[FX(為替)比較]


新築住宅販売件数:FX為替


月次28日から翌月4日 該当月に販売された新築住宅件数。 景気トレンドに対して最も先行性が高いといわれる指標の一つ。住宅需要は景気動向と密接な関連性を持つ為、自動車販売高と並ぶ先行指標として注目される。予測が難しく、予想外の数値となってマーケットに大きな影響を及ぼすことが多い。
新築住宅販売件数[FX(為替)比較]

 

耐久財受注:FX為替


月次月初 耐久財(耐久年数3年以上)への受注額。 政府国防部門からの受注を除いた非国防資本受注が設備投資の先行指標として重視される。また、変動の大きい輸送機器の数字を除いて判断することが多い。
耐久財受注[FX(為替)比較]

 

景気先行指数:FX為替


月次月末 11種の経済指標を景気に先行して動くようにインデックス化。 発表済みの指標を合成して作られるため、予想が比較的容易。予想外の数字となることは少ない。
景気先行指数[FX(為替)比較]

 

ベージュブック:FX為替


不定期(FOMCの2週間前の水曜日) 前回のFOMC以降の全米の経済状況の概況。 FOMCの議論のたたき台となるため、金融政策を予測する上で重要。
ベージュブック[FX(為替)比較]

 

住宅着工件数:FX為替


月次第3週 該当月に建設が開始された新築住宅件数。公共住宅は除く。 景気動向に敏感。景気変動を把握する際に利用される。
住宅着工件数[FX(為替)比較]

 

生産者物価指数(PPI):FX為替


月次15日前後 国内販売業者の販売価格を約1万品目にわたって調査。 インフレ率の判断に利用される。変動の大きい食品・エネルギーを除いたコア指数が重要。
生産者物価指数(PPI)[FX(為替)比較]

 

経常収支:FX為替


3ヶ月ごと 貿易収支に投資収益、移転収支を含めたもの。 絶対額のみならず対GDP比率でも判断される。
経常収支[FX(為替)比較]

 

フィラデルフィア連銀景況感:FX為替


月次第3木曜日 1ヶ月前と比較した現状と6ヵ月後の期待を指数化。 製造業の景況感を把握する際に利用される。NY連銀製造業景気指数よりも注目度が高い。
フィラデルフィア連銀景況感[FX(為替)比較]

 

設備稼働率:FX為替


月次14-17日 生産能力に対する生産量の比率を表す。 設備投資・インフレの先行指標として重要。(稼働率上昇すると設備の不足感が高まる。景気回復初期段階では稼働率上昇が物価安定要因となる。)
設備稼働率[FX(為替)比較]


鉱工業生産:FX為替


月次14-17日 鉱工業部門の生産動向を指数化。 米経済に占める割合は2割程度であるが、景気循環の始まりは製造業部門であるため、注意が必要。
鉱工業生産[FX(為替)比較]

 

TICS(対米証券投資額):FX為替


月次15日 外国から米国証券へ投資された金額。 米国への資金フローを確認する上で重要だが、調査から発表までの間隔が大きいため現状を反映しているとは言えない。貿易収支、経常収支の赤字額との比較が重要。
TICS(対米証券投資額)[FX(為替)比較]

 

NY連銀製造業景気指数:FX為替


月次15日 ニューヨーク地区の製造業の景況感を指標化 フィラデルフィア連銀指数を予測する際の指標として使われる傾向がある。
NY連銀製造業景気指数[FX(為替)比較]

 

消費者物価指数:FX為替


月次15日前後 都市地域の全消費者を対象とした小売・サービス価格を調査。 インフレに関する最重要指標。PPI同様に食品エネルギーを除いたコア指数が注目される。
消費者物価指数[FX(為替)比較]

 

輸入物価指数:FX為替


月次下旬 2000年を100として、輸入時点での物価水準を指標化。 インフレ動向の先行指標として重視される。
輸入物価指数[FX(為替)比較]

 

貿易収支:FX為替


月次20日前後 政府及び民間が外国との間で行った財の輸出入に関する統計。輸出金額と輸入金額の差。 赤字額の縮小に伴い重要度は低下しているが、依然注目されている。
貿易収支[FX(為替)比較]

 

FOMC政策金利:FX為替


年8回 FRB発表のFFレートの誘導目標金利。 マーケットの印象と異なることも少なくない。重要。
FOMC政策金利[FX(為替)比較]

小売売上高:FX為替


月次翌月第2週 小売業の売り上げをサンプル調査を基にして推計。 個人消費のトレンドを把握する際に利用される。他の消費関連指標とともに分析することが必要。速報性が高く、重要。
小売売上高[FX(為替)比較]


FX口座開設ならここ。初心者にやさしいです。


FXで為替の王道!関連リンク集

FXに関連のあるサイトのリンク集です。

FX-比較.com / FX-比較.net / FXオンライン.com / 外為FX.com / FX業者比較.com / FXと税金 / FX初心者.com / 121FXの評判 / アクロスFXの評判 / 為替FX塾 / FX初心者入門塾 / 外国為替FX塾 / 知れば納得FX!FX投資(外国為替証拠金取引)第一歩 / 外国為替FX!外国為替FXはじめの一歩 / FXシステムトレード FXシステムトレード第一歩 / FXチャートだ!チャートで勝つFX / FX投資だよFX投資! / FX必勝法〜五竜のFX必勝法 / FX比較 FX初心者のために / FXプライム / FX取引 / FX情報商材通信 | FX情報商材レビュー / FX(外国為替証拠金取引) / FXデイトレ / FX比較 もっとFX比較 / 外国為替証拠金取引 FX / オリックス FX / FX 為替 / 外貨 FX / FX ブログ / FX比較 FX業者比較情報 / FX online / 羊飼い FX / FX スワップ / FX 手数料 / バーチャル FX /

FXプライム / FX初心者 / バーチャルFX / FX Online / 121 FX / マネックスFX / FXオンラインジャパン / ひまわり証券FX / パートナーズFX / 南アフリカランドFX / ai 明治FX / FX Online Japan / 上田ハーローFX / CMS FX / 日短FX / アリーナFX / INVAST JP FX / ORIX FX / Dragon FX / ドラゴン FX / マネースクエア ジャパン / M2J FX / 外為ドットコム / FX比較 FX初心者のために


copyright (c) 2006 FXで為替の王道 all rights reserved.